ターンオーバーと毛穴の関係

紫外線を浴びることは肌のシミの原因となります。メラニン色素を活発にしてしまいますので、夏のような日差しの強い時期は特に注意が必要です。

 

しかし紫外線は年間を通して肌に浴びているのです。
油断をすると紫外線を一年中浴びることになってしまいますよ。

 

紫外線を浴びた肌は、外部の刺激をブロックする為に角質層がどんどん厚くなってしまいます。

 

すると中に溜まっている老廃物が正常に排出されなくなる為に、ターンオーバーが出来なくなります。

 

紫外線は肌を乾燥させる原因にもなりますので、同様にターンオーバーの促進には悪影響になります。

 

外出するときはなるべく肌を出さないようにすることが必要ですが、特に曇りの日にも注意が必要です。

曇りの日でも日傘をさしている人がいる理由

ぎらぎらした日差しが無いからといって安心していけません。天気が悪くても紫外線を浴びているのです。

 

海水浴などは必ず日焼け止めを使って紫外線対策を行なってください。そして保湿をしっかり行ないましょう。

 

紫外線は体内で活性酸素を発生させる為に、肌の老化を活発にしてしまいます。

 

そのためにシワやシミなどの年齢肌となる症状も増えてしまいます。肌には決してよくない紫外線ですが、きちんとケアをすることで肌のトラブルを防ぐことが可能です。

 

スキンケアは顔をはじめ、体も同様にボディケアすることが理想です。

 

いつまでも透明感のある肌をキープするためにも、肌の再生を健康的に活発にすることがとても効果的なのです。