歳を重ねると肌はどのように変わるのか

肌のターンオーバーは28日周期で行なわれていますが、年齢により多少異なります。
加齢により、ターンオーバーの期間が長くなりますので、肌には色々なトラブルも発生します。

 

ターンオーバーが正常に行なわれないと、肌の乾燥、くすみ、シミなどが増えるといったトラブルが続いてしまいます。このような症状があるときは、肌の再生が正しく行なわれていないことが疑われるようです。

 

例えば、肌を触ってみてがさがさだったりすると乾燥している証拠です。それは古い角質が綺麗にはがれ落ちていないことや、新しい角質が生成されていないことなどが原因です。

 

ターンオーバーが正しく促進されていると通常は肌に弾力があり、艶のある健康的な肌になります。

歳をとるとやってくるあの悩みの原因は?

年齢とともにシミが増えてくるのはこのターンオーバーサイクルの低下が主な原因です。

 

古い角質が剥がれるときに、メラニン色素も同時に排出されるのですが、正常に行なわれないと、肌の深層にメラニン色素がどんどん溜まってしまいます。

 

そのため、加齢による肌のトラブルには、シミが増えることがあるのです。

 

このサイクルを乱すものには年齢のほかには紫外線もあります。肌の刺激となる紫外線には活性酸素を増やす作用があるために、肌の老化を早めてしまう原因となります。

 

そのためにターンオーバーもサイクルどおりに行なわれず、綺麗な肌を作ることができません。

 

しかしこのようなトラブルはターンオーバーを正常にすることで解決することが出来ます。肌本来の力を出すためにも肌の再生は大切です。