洗顔も肌を傷つけてしまう!?

洗顔をするときや化粧水を肌につけるとき、肌を擦るようにしていませんか?
肌にこのような摩擦を与え続けると、刺激から肌を守る為に角質層は厚くなってきます。

 

すると古い角質層が剥がれる際にも綺麗に剥がれなくなってしまうのです。

 

肌の摩擦は自分でも気が付かないうちに行なっています。毎日の週間となっている洗顔がそのうちの一つです。

 

洗顔料を手にとってそのまま肌の表面を擦る様に洗っていませんか?
肌を傷つける原因になりますし、メラニン色素を活発にしてしまいますので、シミの原因にもなります。

 

洗顔は泡をたっぷり使い、摩擦を避けるように、泡を押し付けるようにして洗顔をしましょう。

アフタースキンケアにも要注意!

そしてタオルで顔を拭く時にも注意が必要です。

 

ごしごし擦るようにタオルで顔を拭いてしまうことも肌には負担となります。パッティングをするように軽く押し付けるように拭いてください。

 

運動をして汗をかいたときも同様です。汗をかいたときは毛穴も開いている状態です。

 

その状態で肌を摩擦してしまいますと、毛穴に汚れが入る原因にもなります。

 

使うタオルもなるべく柔らかいものが肌には安心ですね。化粧水をつける場合はコットンをうまく使いましょう。

 

コットンにたっぷり化粧水をしみこませてたたくように肌につけてください。

 

コットンで擦っては肌に傷をつけてしまうことになります。
ターンオーバーを正常に促進させるには、毎日の肌のケアを丁寧にすることが必要になりますね。