ホルモンは身体に大きな影響を与える

ホルモンのバランスが正常でないと、様々な肌のトラブルが起こってしまいます。

 

女性の場合、生理の前になるとふきでものやニキビが出来ることがよくありますよね。
これはホルモンのバランスが崩れることが原因です。

 

ホルモンには女性ホルモンと男性ホルモンがありますが、肌の角質層を厚くしてしまうのは、男性ホルモンが多く分泌されているときです。

 

このようなホルモンのバランスが崩れることにより、ターンオーバーの異常の原因となります。

 

新しい角質が表面に出やすいように角質層の厚さは、必要以上に厚くなってはいけません。

 

ホルモンのバランスを崩す原因にはストレスがあります。毎日の生活の中で自分でも気がつかないうちにストレスは溜まってします。

 

女性は特に肌のトラブルとして感じることがありますが、リッラクスできる習慣を身につけるといいですね。

 

運動をする事も気分転換になりますし、肌の新陳代謝を活発にする効果があります。

こんな方はホルモンの乱れに要注意!

大人ニキビが出来やすい人や、生理前後に肌の状態悪くなる場合にはホルモンのバランスが崩れていることも疑われます。

 

食生活や生活習慣も大きく影響していますので、肌に良くない喫煙や夜更かしは避けるようにしましょう。

 

毎日の生活のリズムをつけることは、ストレス解消にも繋がります、その日の体の疲れはその日に取るように心がけてください。疲労が溜まると精神的にも負担となります。

 

美肌ケアをする際には注意をしないといけません。